病歴・診断書が必要なお客様へ

ようこそ !冠島へ

WDS
HOME | ご案内 | 病歴・診断書が必要なお客様へ

病歴・診断書ーご参加者記録が必要なお客様へ

以下の病歴・診断書に署名する前に必ずお読みください。

 以下の病歴/診断書は、スクーバダイビング(以下、ダイビング)には潜在的な危険性が内存することを確認するためのものです。 当店では、60歳以上のお客様が、各種コース・プログラムに参加するには、下記の「病歴/診断書」の全項目をよく読んで記入し、ご家族の同意(著名)を得るとともに、ご自身の署名をいただいています。
 ダイビングはエキサイティングなスポーツですが、 同時にハードな活動でもあります。正しいテクニックを用いる限りダイビングは比較的安全なスポーツです。しかし、安全手順に従わないときには、 危険が増す場合があります。 各種コース・プログラム参加中に健康状態などに変化が生じた場合は、直ちにダイビングスタッフにその旨を伝えてください。 ダイビングを安全に楽しむには、極端なオーバーウエイトや、コンディショ ンを軽視すべきではありません。ダイビングはそのときのコンディション 次第では、非常に激しい活動にもなります。

 呼吸器系と循環器系が健康であること、全ての体内空間に異常がなく、健康であることが必要です。冠状動脈性の心臓の疾患、風邪をひいている、うっ血、てんかん、重度の医学的なトラブル、アルコールや薬物依存の傾向などがある人は、ダイビングをすべきではありません。また、ぜんそく、 心臓の疾患、その他の慢性的な病状がある人、現在も定期的に投薬を受け ている人は、各種コース・プログラムに参加する前と終了後も、医師そしてダイビングスタッフに相談してください。更にダイビングでの呼吸、圧平衡については初級の各種コース・プログラムの中でダイビングインストラクターから学びます。スクーバ器材の誤った使い方は、大きな障害につながることがあります。正式な資格をもつダイビングスタッフの直接の指導のもとで、器材の安全な使い方の全てを学ばなければなりません。 この「病歴/診断書」について質問があるときには、署名をする前にダイビングスタッフとともにもう一度検討してください。