HOME | ご案内 | ダイビングポイントの紹介

冠島の主なダイビングポイント

Dive Site

宮前

砂地とゴロタ石

水深8m以上

穏やかなことが多い。魚影は濃く生物の種類は一番。春には長く伸びた海草や秋には視界をさえぎるほど膨大なカマスの群れ大型魚による捕食シーンなど、季節によって楽しみのあるポイント。回遊魚も回ってくる。

立神グリ

V字に切り立った隠れ根

水深3m以上

水深40mから切り立ったドロップオフは、水中にそびえる建物のようなダイナミックな景観が広がり、魚影は濃く、回遊魚も回ってくる。

トドグリ

人工物を思わせる隠れ根

水深4m以上

小島の南に位置する冠島エリア最大の隠れ根。魚影は濃く生物も多い。組み合わさった岩のアーチや、人の手によって作成された階段状の岩もあり地形も楽しめる。

ナガシタグリ

南北に伸びた細長い隠れ根

水深4m以上

20mほどのドロップオフ、海底はゴロタ石と砂地のポイント。中層を泳ぐ膨大な数のスズメダイの群れは一見の価値あり。回遊魚も回ってくる。

チョウベイグリ

水深50mから切り立った根

水深8m以上

小島と中津神の間に位置する、3つの切り立った隠れ根。海底からそびえ立つドロップオフは絶景!魚影も濃い。

小島東

半洞窟のあるポイント

水深5m以上

冠島の北に位置するもう一つの島の東側。周囲は切り立った地形をしているので、水深に注意!流れの少ないことが多い。半洞窟になっているところがあり、暗がりから見る碧い海は癒し系。

中津神

中央部に位置する露出岩

水深0m以上

冠島と小島の中間に位置する露出岩の周囲を潜ります。切り立った岩肌は絶景!深場には魚影も濃く、回遊魚も回ってくる。

大グリ

一番沖合いにある隠れ根

水深7m以上

水深50mからそびえ立つ大きく複雑な根に着く魚影は濃い。周囲に障害物がないため、流れの速いことが多く、釣りのポイントとしても有名。潜れる日も少ない。

その他

その日の状況と条件を考慮し、皆様が安全に楽しめるポイントへご案内しています。

小島南、ホウキバ、冠島東、北の瀬、鳥居前、ツリガネ、瀬先、冠島南、、、など